ホーム

トピックス&ニュース

2019年元旦のご挨拶

トピックス&ニュース

2019年元旦のご挨拶

投稿日:2019年01月01日

 

ino

 

 

新年あけまして、おめでとうございます。
 昨年末の年暮れには、アメリカ市場において急激な世界の株価急落となる事態が発生、同時に日経平均株価も20,000円を下回る事態となり、正にグローバル社会を反映した世界経済同時株価下落という不安情勢の中での年暮れとなりました。

 2019年、弊社を取り巻く環境と致しましては、まず東南アジア各国を中心に政府が空港、港湾、高速道路等のインフラ整備が整い、最後のインフラ事業として残されておりました鉄道インフラ整備がミャンマー、ベトナム、タイなどの市場において、より具体的に活発化されていく模様であります。弊社と致しましては、RAILMANブランドの浸透、および市場占有率のアップに期待をしておりますが、市場におきましては各国、国鉄様主導の入札の為、入札遅延や延期等により、確実な受注状況を作り上げるまでには、今年も今しばらくの間、辛抱と現地PRを積極的に続けて参ります。国内市場におきましては、昨年末に発表を致しましたエンジン式タイタンパの上市を2019年4月を目途に予定しております。国内市場において、新たなイノベーションをRAILMANは提案して参ります。また、軌道整備におけるRAILMAN製品の拡充に向け、積極的に開発面も行って参ります。

 このような状況下の中、弊社はRAILMAN製品(タイタンパ)を軸に、国内外の市場ニーズにあった製品を積極的に投入し軌道工事現場の省力化、効率化を追求して参ります。生産面においては桐生工場にて安定した生産体制の構築、及び納期の短縮、適正在庫の健全化を図り、東南アジアや新興国市場向けに納入チャンスをしっかり捉え、積極的な新市場(東南アジア諸国)の開拓にもつなげて行く所存でございます。

 新しい年を迎え、RAILMANの基本方針であります「より安全で快適な軌道整備の実現。」に向け、これまで以上にお客様に喜んでいただける製品・サービスの提供が出来るよう取り組んで参ります。今後もお客様のご愛顧に応えるべく全社一丸となって頑張って参ります。
今年もRAILMAN及び、石田製作所の製品に変わらぬご愛顧をよろしくお願いしますとともに、本年が皆様にとりまして良い年になりますよう祈念いたしまして念頭のご挨拶といたします。
 

 

 

2019年元旦

株式会社石田製作所

代表取締役社長

石田 匡慶(イシダ マサヨシ)

ページトップへ