ホーム

トピックス&ニュース

RAILMAN ケーブルガード RC-300 発売

トピックス&ニュース

RAILMAN ケーブルガード RC-300 発売

投稿日:2015年10月23日

RAILMAN

 

 

 

 

RC300 

 

刈払機(草刈機)ケーブル切断事故予防対策商品 RC-300  

 

 株式会社石田製作所は、軌道整備の現場では、毎年6月~10月位の時期に刈払機(草刈機)を使用した道床周辺の

草刈作業をする際、刈払機(草刈機)によるケーブル切断事故を予防するために、ケーブルガード RC-300を発売します。

現在、全国的に草刈作業時は、ケーブル切断事故を予防するため、先行手刈りを実施、トラロープやスプレーでケーブル

位置を事前に区分けしておりますが、それでもケーブル切断事故は防げていません。実際にケーブルを切断してしま

った場合、電気信号などでは、赤のまま、信号機が切り替わらなく、運行に多大な影響を及ぼしてしまいます。また、修繕

費用も、かなり高額な損失を発生させ、軌道整備業社様の経営にも悪影響を及ぼす危険性があります。

RAILMANでは、実際に切断してしまう刈払機に着目し、刈払機本体にケーブルを保護できるカバーを装着することで、

切断事故を予防でき、同時にカバーで雑草やシノなどを押し倒した隙間に、刈払機の刃が入り込み、雑草を刈るメカニズム

を忠実に実現化し、軽量でかつ、コンパクトなケーブルガードを開発致しました。

また近年、刈払機による人体へ接触事故も急増しております。ケーブルガードは、人体への接触にも替刃が直接あたらな

い安全構造となっております。作業者の安全を守ることも絶大な効力がございます。

株式会社石田製作所は、快適で安全な鉄道保線機器として、本機を提案していきます。

 

型式発売予定日メーカー希望小売価格
RC-3002015年12月1日

オープン価格(税・送料別途)

 

RC300

  ケーブルガード RC-300を刈払機に装着した場合の様子(最大替刃φ255mm) 

 

RC-300 

 ケーブルを確実に保護する様子。 (最大替刃φ255mm) 

 

 

RC-300の主な特徴

1、ケーブル切断事故を事前に予防することができる。

2、常に、作業者が警告色のケーブルガードを目にしていることで、心理面から予防できる。

3、替刃は、従来通り大きなφ255mmのチップソーをそそまま使える。

4、どんな刈払機にも装着できる設計。 

 

RB-700標準仕様

 

型式RC-300
替刃サイズ最大 φ255mm
 質量570g 

 

※1 本器をご使用する際は、必ず日常点検を行ってからご使用ください。ボルトの緩みをチャックして下さい。

※2 本器は、あくまでケーブル切断を予防するもので、絶対に切断しない保証はございません。

※3 RoHs、Reach 対応品。

 

 

お客様からのお問い合わせ先/先行ご予約/OEM供給/リース・レンタル先のご案内など


 

本社 営業課

受付時間 8:30~17:00 (平日のみ)

電話 0277-(54)-1711 FAX 0277-(54)-1716

RAILMAN 担当:石田、鈴木まで

RAILMAN代理店:札幌・仙台・新潟・長野・高崎・水戸・埼玉・東京・金沢・静岡・名古屋・大阪・岡山・広島・北九州

            インド・インドネシア・タイ・ベトナム・ネパール・ブラジル・ミャンマー

ページトップへ