ホーム

製品案内

鉄道保線機器

タイタンパ

製品案内

タイタンパ

次世代を担うRAILMAN タイタンパIT-450E。
短絡防止機能内蔵、スマートハンドルで疲れにくい免振ハンドル、
50/60Hz 共通仕様、サービス(修理・保守日常点検)面の向上を実現、
輸出電圧にも、即対応。

特徴
短絡防止機能内蔵

従来より、軌道短絡を防止するためには、集中分路機内に逆流防止ダイオードを内蔵した仕様のものを使用しておりますが、突然の雨の場合、アース間の絶縁耐力が低下してしまうため、短絡事故が発生しやすくなります。そのため、RAILMANではタイタンパに逆流防止ダイオードを内蔵することでタイタンパ同士の軌道短絡を確実に防止することができます。

スマートハンドル

タイピング時、ハンドルを手元で1回転させて、ビータの方向転換を行う際、このスマートハンドルは、作業者の腹部へハンドルがあたることなく、作業を容易に行うことができます。作業者の無駄な動きをなくすことにより、作業性の向上や作業者の疲労を低減することができます。

疲れにくい免振ハンドル

厚生労働省より通達されました基発0710:2009/7/10により、3軸合成値が示されるようになりました。手元振動を最小限に抑えるために、安全で免振性の高い防振ゴムを採用し、最も疲れにくいRAILMANのハンドル。従来、削岩機などで使用されていた免振構造を採用し、人体に与える振動を最小限に致しました。

50/60Hz 共通仕様

モータメーカーだからできる共通仕様。弊社は振動モータを設計・開発・製造と一貫生産行っております電機モータメーカーです。高品質な振動を的確に発生させる振動技術を保有しております。また同時に、適切な設計と、加工技術により高寿命を実現しています。IT-450Eは、50Hz地区と60Hz地区問わず、使用することができます。

サービス面の向上

RAILMANのIT-450Eの特徴の1つに、サービス(修理・保守日常点検)時、ボルトやナットの脱着性など細部に渡って設計されております。最大のポイントは、タンパ底面部に、防石対策として、バラストがボルトやナットに直接接触しないよう、考えられた構造となっております。誰でも、一般的な工具さえあれば、モータの脱着、交換が容易に行えます。

輸出電圧にも、即対応

モータメーカーだからできる輸出仕様の異電圧。受注後、どこよりも早く生産できます。自社で振動モータを製造しておりますので、400V級(380~440V)のステータ仕様等のご依頼には即対応の定評がございます。是非、RAILMAN営業スタッフへお尋ね下さい。

タイタンパセットの構成
仕様
型式 IT-450E
全長 680mm
全幅 176mm
全高 910mm
ケーブル
標準長さ
8m
入力電圧 3相交流200~220V
定格電流 2A
定格電圧 450W(520W:220V)
入力周波数 50/60Hz
振動数 2,800/3,400min-1
タイピング
能力
20~30秒/枕木1本
3軸合成値 8.5m/s2
重量 29kg

※製品仕様は予告なく変更することがあります。

ページトップへ