ホーム

製品案内

鉄道保線機器

ケーブルガード

製品案内

ケーブルガード

草木は刈りつつケーブルを守る。
ケーブル切断事故を未然に防ぐ、RAILMANからのご提案。

特徴
刈払機に、ケーブル切断事故の予防対策を!!

毎年、日本全国で道床周辺の草刈り作業を行っておりますが、ケーブル切断事故は先行手刈りを行っていても発生しております。RAILMANでは、ケーブル切断事故を予防するために、ケーブルガードを開発致しました。ケーブル切断事故の大半は、信号機などのボックスから縦方向に据付けているケーブルを切断してしまう事故です。ケーブルガードは、ケーブルにぶつかることでケーブルを守り、保護します。その一報、雑草などの草などは毛k−ブルガードが草を押し倒し、やや寝た状態で草を刃が刈っていきます。多少細い竹や、シノなども刈ることができます。RAILMANは、今後も快適で安全な軌道整備をご提案して参ります。
※本ケーブルガードを装着していれば、絶対にケーブルを切断しない保証はございません。あくまでも、予防処置対策のご提案です。

仕様
型式 RC-300
最大替刃径 255mm
質量 570g

※替刃は、255mm以上は使用できません。

ページトップへ